JavaScript

提供:GNU social JP Wiki

About

JavaScriptはプログラミング言語だ。元はHTMLに埋め込まれウェブブラウザー上で処理をするために作られた言語だが、作業の自動化・GUIの開発・ウェブサーバーの開発など様々な分野に活用されている。

ウェブブラウザーのJavaScriptで可能なことの例を挙げる。

  • HTML文書の要素を追加/変更/削除する。
  • ウェブサーバーに HTTP (HTTPS) で情報を送信する。
  • マウスやキーボードの操作や時間経過に応じて処理を実行する。
  • ウェブブラウザーに情報を記憶させたり読み出したりする (Cookieなど)。

多くの分散SNSのウェブブラウザー版はJavaScriptで実装されており、JavaScriptを実行できない環境 (ターミナル上で動作するテキストブラウザーなど) では利用できない。

GNU socialもQvitterプラグインを使用するならJavaScriptが必要だが、クラシックの場合はJavaScript無しでも閲覧や投稿が可能だ。

JSON

データ記述言語「JSON」は、JavaScriptの構文に多少の制限を加えてデータの記述に特化させたものだ。そのためJavaScriptのパーサーはJSONのコードをそのまま解釈できる。

ECMAScript

JavaScriptの言語仕様はECMAScriptという名前で標準化されている。ECMAScriptには版数があり、仕様改訂を重ねるごとに言語仕様も拡張される。ECMAScriptの版数は古い環境をサポートする上で重要だ。たとえばあるOSの標準ブラウザーがECMAScript 6までの言語仕様しか実装していないなら、それより後に追加された言語仕様はコードに使用できない。

ECMAScript 5.1以前は不定期で仕様改訂されてきたが、2015年に公開されたECMAScript 6以降は年に1度改訂されている。そのため版数はECMAScript 2015のように年で表記されることが多い。

Links

Reference

Expression

this

Ref: this - JavaScript | MDN.

JavaScriptのthisは文脈に応じて対象が異なるので注意が必要。

  • DOM イベントハンドラー: 配置要素。
  • インラインイベントハンドラー: リスナーのDOM要素。

function

IIFE/即時実行関数式

IIFE (即時実行関数式) - MDN Web Docs 用語集: ウェブ関連用語の定義 | MDN

JavaScriptで即時関数を使う理由 #JavaScript - Qiita

(function () {
    //処理
    console.log('処理1');
}());

(function () {
    //処理
    console.log('処理2');
})();

丸括弧の位置はどちらでもOK。ただ、後者の波括弧直後のほうがイメージとしてはあっている。関数オブジェクト・コールバックを作って、それに引数を渡して使う感じだから。

class

出典: クラス - JavaScript | MDN

JavaScriptのclassは実際には特別な関数。

constructor

constructorメソッドは、オブジェクト生成時の初期化用の特別なメソッド。1個しか定義できない。

コンストラクター内で、インスタンスプロパティーを設定する。newで呼び出す際の引数を受け取る。

Topic

JavaScriptの読込場所

HTMLでのJavaScriptの記述場所が何か所かある。記述方法によって、読込タイミングなどが異なる。

  • head要素内: body要素のDOM構築前なので、大半のDOMアクセス不能。
  • body要素末尾: DOM構築後なので大半のDOMアクセス可能。
  • window.onload=: 読込完了後。イベントハンドラーなので1個しか設定できず上書きで消える。
  • window.addEventListener('load', ): 複数設定可能。
  • document.addEventListener('DOMContentLoaded', ): loadより先。DOM構築後画像類の読込前。

基本はwindow.addEventListener('load', )で設定。これをhead要素内などの冒頭に記述するなどするといい。どこに記述しても問題ない書き方。

テーブルの全チェックオン・オフ

Ref: HTMLのテーブルでチェック行の情報だけ処理するサンプル/PHP・JavaScript - SE_BOKUのまとめノート的ブログ.

テーブルの1列目にチェックボックスを配置して、1行目のチェックボックスで全チェックオン・オフしたいことがある。

<script>
            function AllChanged(){
                var check =  document.getElementById('aaa');
                var checkarr = document.getElementsByName('bbb[]');

                for (var i=0; i<checkarr.length; i++){
                    if(check.checked === true){
                        checkarr[i].checked = true;
                    }else{
                        checkarr[i].checked = false;
                    }

                }
            }
</script>
<body>
    <body>
        <form action="" name="form" method="POST">
        <table>
            <tr>
                <th><input type="checkbox" name="aaa" id="aaa" onClick="AllChanged();" /> </th>
                <th>KEY</th>
                <th></th>
            </tr>
            <tr>
                <td><input type="checkbox" name="bbb[]" value="AAAAAA,100000" onClick="OneChanged();" /></td>
                <td>AAAAAA</td>
                <td>100000</td>
            </tr>
            <tr>
                <td><input type="checkbox" name="bbb[]" value="BBBBBB,200000" onClick="OneChanged();" /></td>
                <td>BBBBBB</td>
                <td>200000</td>
            </tr>
        </table>
        <div>
            <button type="submit" name="b1" id="b1" disabled>ボタンサンプル</button>
        </div>
        </form>
</body>

こんな感じでJavaScriptでチェックボックスを抽出してやる。PHP送信用にvalueに値を入れておく。

Web API

DOMの取得

いくつか方法がある。

  • Document.getElementById(): id属性の値で取得。
  • getElementById()
  • getElementsByClassName()
  • getElementsByName()
  • getElementsByTagName()
  • getElementsByTagNameNS()
  • querySelector

querySelectorが使えるならこれを使うのがシンプル。

DOM反復

Ref: javascript - For loop for HTMLCollection elements - Stack Overflow.

Web上のデータの取得でコンソール画面で簡単にやりたいことがある。

Inspectorで右クリック-セレクターのコピー。

https://source.chromium.org/chromium/chromium/src/+/main:chrome/browser/renderer_context_menu/link_to_text_menu_observer.cc;bpv=1

let dom = document.querySelector('#mat-tab-content-0-0 > div > history-panel > div > history-table > mat-table')
for (let i = 0; i < dom.children.length; ++i) {
  let child =  dom.children[i].children[1];
  if (child && child.querySelector('a')) {
   console.log(child.querySelector('a').getAttribute('href').replace(/^.*\//, ''));
  }
}

なお、domの反復ではfor (const key in dom)は使えないので注意する。lengthで添字を見ないと、関係ないプロパティーもkeyに入ってくるため。

Event

Handler

インラインイベントハンドラーの場合、デフォルトでevent変数が引き渡されている (How to pass event as argument to an inline event handler in JavaScript? - Stack Overflow)。

function name(/*args*/) {body}

上記のbodyが値 (value) になる。argsは通常eventの1個だが、onerrorのみevent/souce/lineno/colno/errorの5引数。

他のイベント処理は自分で指定した引数にEventオブジェクトが渡される。

そして、値部分でのthisはリスナーのDOM要素になる (this - JavaScript | MDN)。

List

イベントリファレンス | MDN

HTMLのフォームと連携する場合に重要なのがイベント。イベントやHTML要素別に発動するイベントが決まっている。「HTML Standard」がその対応。

特に重要なものを抜粋する。

addEventListener

EventTarget: addEventListener() メソッド - Web API | MDN

addEventListener(type, listener)
addEventListener(type, listener, options)
addEventListener(type, listener, useCapture)

一般的にはuseCaptureの書式。デフォルトでは第3引数はfalse。1番目の引数2個の書式で書いておけば基本はOK。

  • useCapture: 論理値。イベント伝播の方式。通常はfalse。trueにするとたぶんイベントを捕捉して終わり。
  • options
    • capture
    • once: 初期値=false。trueにすると1回で自動削除。
    • passive
    • signal

localStorage

JavaScriptでのデータ保存。使い勝手がいい。

基本はwindowのloadで復元させる。

localStorage.setItem("myCat", "Tom");

const cat = localStorage.getItem("myCat");

window.addEventListener('load', () => {
  document.getElementById('MaMiShare.host').value =
    localStorage.getItem('MaMiShare.host');
});

Fetch

Ref: フェッチ API - Web API | MDN.

JavaScriptでHTTP通信するための標準的なAPI。

async function logMovies() {
  const response = await fetch("http://example.com/movies.json");
  const movies = await response.json();
  console.log(movies);
}

fetchは引数を2個とる。1個目はリクエストURL。2個目はリクエストパラメーター。

// POST メソッドの実装の例
async function postData(url = "", data = {}) {
  // 既定のオプションには * が付いています
  const response = await fetch(url, {
    method: "POST", // *GET, POST, PUT, DELETE, etc.
    mode: "cors", // no-cors, *cors, same-origin
    cache: "no-cache", // *default, no-cache, reload, force-cache, only-if-cached
    credentials: "same-origin", // include, *same-origin, omit
    headers: {
      "Content-Type": "application/json",
      // 'Content-Type': 'application/x-www-form-urlencoded',
    },
    redirect: "follow", // manual, *follow, error
    referrerPolicy: "no-referrer", // no-referrer, *no-referrer-when-downgrade, origin, origin-when-cross-origin, same-origin, strict-origin, strict-origin-when-cross-origin, unsafe-url
    body: JSON.stringify(data), // 本体のデータ型は "Content-Type" ヘッダーと一致させる必要があります
  });
  return response.json(); // JSON のレスポンスをネイティブの JavaScript オブジェクトに解釈
}

postData("https://example.com/answer", { answer: 42 }).then((data) => {
  console.log(data); // `data.json()` の呼び出しで解釈された JSON データ
});

Form

HTMLと連動したForm関係の処理が入出力で非常に重要。よくあるパターンをいろいろメモしておく。

formの送信データ

Ref: JavaScript オンリーで動的に form タグを作ってデータを送信する方法.

フォームから送信時に、自分でデータを作ったりできる。form要素のformdataイベントがポイント。ここで送信直前に送信データを追加したりできる。送信データのデフォルト値や、JavaScriptでいろいろ収集したデータを自動設定できる。